PageTop

起業 手段 割り切り

必要なのは、起業を手段と考える「割り切り」

起業,目的,手段,方法,起業家 2016/5/10 

 

先日、手段と目的を混同しないことの必要性、いわゆる「手段の目的化」における懸念等について言及しました。

 

 

実はこれ、同じことが「起業」自体についても言える訳で、その議論は昔からよくあるものなのです。

 

やはり、「起業はただの手段である」「起業それ自体を目的にしてはならない」「起業することがゴール(目的)ではなく、重要なのはそれ以降である」などといった論調で語られることが多いようですね。

 

こういった、すなわち「起業は手段であって目的ではない」といった向きが多数を占める中で、少数ながら「起業がただの手段なんてつまらない!」「起業が目的だっていいじゃないか!」といった、逆の視点から語られている見解もあって、それはそれで大変面白いものです。

 

だからこそ、この議論が昔からずっと続いていて、いつの時代も白熱の様相を呈している訳ですね。

 

ただ、私としてはやはり、起業自体を目的として考えるのではなく、起業したその先を目指すべき目的として捉えておかないと、モチベーションを保ち続けるのは難しいのではないかと感じています。

 

起業,目的,手段,方法,起業家

初めは起業が目的だっていい

逆に言えば、最初、つまり、とっかかりの時期においては、起業自体が目的だっていいと思うんですよね。

 

組織にがんじがらめの仕事生活に心底嫌気が差したとか、上司や先輩に振り回される仕事人生なんてもう真っ平ごめんだとか、毎日毎日満員電車に揺られるのが耐えられないとか、もはやごく普通の平凡な生活なんかじゃ満足出来ないとか、みんなと同じサラリーマンのままじゃイヤだとか、憧れの起業家と同じ土俵に上がりたいとか…,etc,etc,etc.

 

そういったきっかけで起業を目指す。

 

私は全く問題ないと思いますし、その時点において、間違いなく目的は「起業」であるはずです。

 

ですが、いざ起業すると襲いかかってくる、数々の尋常ではない苦難やプレッシャー、耐え難い不安やストレス(これらについては、当サイトでもそこここで触れている通りですが…(※))などにも潰されることなく前に進むためには、もう一歩踏み込んだ目的、すなわち、その先の夢や野望が何かしらないと、起業家を続けること自体が難しくなってしまいます

 

※尋常ではない苦難やプレッシャー、耐え難い不安やストレスなどについて触れている、当サイトの記事の一部を、参考までに挙げておきます。
→「不安やストレスと上手に付き合う
→「起業家は孤独である
→「困難な状況に陥った時の考え方
→「「癒し」を求めることの大切さ
→「不安なのは起業家だけじゃない

 

起業を目的としていたとしても、それを達成したからには早々に、「もはや、起業は一つの手段にすぎない」というある種の「割り切り」とも言うべき視点の切り替えが必要になってくるはずなのです。

 

その上で、(起業したからには)「さらにその先の目的に向かって進んでいこう」といった、気持ちの切り替えをも同時に行うべきなのです。

柔軟なスタンスと、楽観的な心構えと

繰り返しになりますが、私が起業を手段と割り切ることが必要である考えるのは、一歩踏み込んで目的をその先に置いておかないと、起業後のモチベーション維持が大変困難、あるいは不可能であると考えるからです。

 

起業後の幾多の苦難やプレッシャーをことごとくいなし、不安やストレスと上手に付き合っていくためには、その先の大きな夢や野望といった、別の推進力が必要になってくるということです。

 

確固たる目的がある人間は、強くなれるからです。

 

そういう意味での強さは、起業家として必要なものの一つと言っていいでしょう。

 

ところで、「起業は手段であって目的ではない」と語る方の多くがお持ちの見解としては、「人が描く夢や野望、理想の将来を実現するために、何も起業という行為だけがそれを達成するための手段ではない」といった向きが多いようです。

 

この見解の根底に流れているマインドは、ぜひとも理解し、会得しておくべきでしょう、

 

つまり、起業を手段と割り切り、目的達成のための選択肢の一つに過ぎないと考えることで、「いざとなればいつでも他の手段を取ることが出来る」といった柔軟なスタンスと、ある種の楽観的な心構えが芽生えてきます。

 

これによって、上述した「起業後の幾多の苦難やプレッシャーをことごとくいなし、不安やストレスと上手に付き合っていく」ということを、よりスムーズに実現することが出来るのです。

 

すなわち、より強くなれるということです。

 

言い換えれば、「いざとなればいつでも他の手段を取ることが出来る」といった柔軟なスタンスと、楽観的な心構えを持つということ自体が、実は起業家を続けるための重要なファクターにもなってくるという、何だか逆説的な話なのです。

 

起業後の心構えや、起業も他と同じような選択肢の一つに過ぎないといった考え方は、以下のページにも詳しいですので、ぜひご参照くださいませ。

 

 

 

 

「起業で成功したい方へ」のトップへ

 

これが最強商材


≫ トップ ≫ オリジナル特典のご案内 ≫ 起業関連商材のご紹介 ≫ 事業計画書かんたん作成 人気ブログランキング