PageTop

起業 やらずに後悔 やって後悔

やらずに後悔するより、やって後悔しない

起業を志しながら、考えるだけでなかなか最初の一歩が踏み出せない人、会社に退職が言い出せず、ずるずるとサラリーマンを続けてしまっている人、法人設立や開業届の手続きはしたけど、なんだかんだで実際のビジネスがスタート出来ない人…などなど。

 

そういう方に贈るアドバイスとしては、「とにかく早く動きなさい」という一言に尽きます。

 

何も、考えることやサラリーマンを続けることが悪いと言っている訳ではありません。

 

中途半端な気持ちで、実際の行動なき状態のまま、ずるずると時間を消化することが良くないと言っているのです。

 

起業,やらずに後悔,やって後悔,ネットビジネス,商材,方法,起業家,成功

やらずにする後悔はとてつもなく大きい

「やらずに後悔するより、やって後悔するほうがいい」とはよく言われますよね。

 

行動せずに悶々としているより、思い切って行動してみなさいという、ありがたい教えでもあります。

 

実際、心理学的にも、やらずにする後悔は、やってする後悔よりも、遥かに大きいものになるのだそうです。

 

つまり、たとえ行動した結果失敗してしまったとしても、そのほうがまだ遥かにマシという訳です。

 

加えて、自ら精一杯動いたというその事実は、間違いなく次に繋がる大きな意味を持つことになるでしょう。

行動に無駄なことなど1mmもない

さて、当ページの見出しが、「やって後悔するほうがいい」ではなく、「やって後悔しない」であるのは、もちろん意味があります。

 

端的に言えば、起業に関して、あるいはその後にビジネスを進めるにあたって、精一杯何かしらの行動を起こした結果、うまく行かなかったり、大きな失敗をしてしまったりしたとしても、決して後悔してはならないというのが私の考えです。

 

何故なら、それはあなたの立派な「経験値」になるからです。要するにすべてが「投資」であり、「勉強」なのです。

 

勉強と言ってしまうと、「高い勉強代だった」などという言葉をよく耳にするように、(文字通り金額的な意味だけでなく、そこに割いた時間や労力などコストすべてを含めての)高い・安いはもちろんあるかもしれませんが、それでも決して無駄という訳ではありません。

 

起業に向けて取った行為や、成功を目指して前に進んだ行動に、無駄なことなど1mmたりともないと考えてください。

 

どう転んでも、すべてを自分の糧にする気持ちで臨んでください。

 

そういう意味で、後悔しない、してはならない、のです。

 

本当の無駄というのは、ずるずると何もしないで過ごすことです。中途半端な状態で立ち止まっていれば、そこで経過する時間、溜まるストレス、消耗する体力などは、すべてが大きな無駄と言えるでしょう。

 

ましてや、その後に「やればよかった」「やっておくべきだった」などと後悔するのは、全くもって不毛なのです。

まずはとにかく第一歩を

起業とは、後悔を恐れず、ビジネスという荒波に飛び込んでいくことです。

 

その思考と勇気で、自らが行動し、社会に影響を与えることです。

 

影響と言うと少し構えてしまいそうですが、決して、世の中を変えるなどというカッコいい大義などなくてもいいのです。

 

あなたが何かしら行動し、前に進めば、それだけで多かれ少なかれ社会に影響が生じるのです。

 

極論、世の中を変える、世界を変革するということは、単にそれをとてつもない質と量で繰り返しているだけに過ぎません。

 

それを実際にやってしまったのが歴史に名を残すような著名な成功者ということになるのでしょうが、そういう人たちだって、最初の一歩があったのです。そこからすべてが始まったのです。

 

もちろん、そういう成功者を目指せという意味ではありません。最終目的が何であれ、あなたの考える成功の形がどうであれ、まず第一歩を踏み出さないことには、何も始まらないのです。

 

何にせよ、とにかく早く動いて、前に進んでみませんか。

 

 

 

「起業で成功したい方へ」のトップへ

 

これが最強商材


≫ トップ ≫ オリジナル特典のご案内 ≫ 起業関連商材のご紹介 ≫ 事業計画書かんたん作成 人気ブログランキング