PageTop

起業 睡眠

睡眠をあなどることなかれ

睡眠時間,睡眠,起業,起業家,成功 2016/3/7 

 

起業家に限らず、誰にとっても、睡眠というものはとても大事ですよね。

 

睡眠不足の時は、頭がボーっとします。

 

どんなに頑張ってみても、集中力が続かないことも多いです。

 

思考も明らかに鈍くなっているのが分かります。

 

それは、何故かと言えば…睡眠が脳を休ませる唯一の手段だからです。

 

逆の言い方をすれば、起きている限り脳は活動しているということなんですよね。

 

つまり睡眠は、身体の疲れを取るだけではなく、脳科学の観点からしても、大変重要だということです。

 

かといって、睡眠時間は長ければ長いほど良いかというと、そういうものではないということも、多くの方が認識している通りです。

 

寝すぎたら寝すぎたで、やはり睡眠不足の時と同じように、頭がボーっとして、何だか調子が出ない…といったことを経験したことがある方も少なくないでしょう。

 

これは科学的にも証明されていることで、あまり寝すぎると、お酒を飲みすぎて二日酔いになったのと同じような状態になるそうです。

 

文字通り「睡眠酩酊」と呼ばれているのですが、要するに眠りすぎることで脳のサイクルが乱れ、体が重く感じ、頭がボーっとする状態になるという訳です。

 

すなわち重要なのは、時間の長さではなく、質なんですよね。

 

睡眠時間,睡眠,起業,起業家,成功

寝る直前まで仕事する日々

成功した有名起業家の中にも、睡眠時間を十分に確保することを心掛けている人がいたり、起業家が成功するためには毎日7〜8時間の睡眠が必要であるという専門家がいたりするというのは、以前、以下のコラムでも触れた通りです。

 

 

そのため、実は私も、毎日最低8時間の睡眠は確保するようにしておりました。

 

ただ、目一杯仕事をしたかったので、寝る直前までパソコンやスマートフォンを使用して仕事をし、だいたいいつも決まった時間で切り上げて即座に寝る、といった毎日の繰り返しだったのです。

 

要するに、寝床に入る直前まで、特に目と、脳とを、ギンギンに活動させていたのです。

分かっちゃいるけどやめられない

これも多くの方がご存知かもしれませんが、就寝時間前の少なくとも1時間は、パソコンやスマートフォンなどを使用しないほうが良いと言われています。

 

簡単に言うと、それらの画面から放射される光が、脳を覚醒状態にしてしまうため、睡眠の質が著しく低下するからです。

 

実はこれ、私も知ってはいたのですが、目一杯仕事をしたかったですし、半信半疑ということもあって、どうしてもやめられずにいたのでした。

 

前述した通り、ともすれば「しないほうが良い」と言われていることを、ストレートに実践してしまっていたのです。

なんだかんだでやめてみる

ところがある日、8時間の睡眠を確保していても日中に眠くなることがあることに気付きました。

 

また、眠くはならずとも、仕事をしていてどうしても思考やひらめきに鋭さがなく、どうも生産性が悪いと感じることがありました。

 

頭がボーっとし、体全体にだるさを覚えることもしばしばでした。

 

8時間しっかり寝ているのに何故?という疑問が、その度に脳裏をよぎったのは、もはや当然のことでした。

 

初めは、いよいよ歳のせいか?などとも考えていたのですが(笑)、色々と考えて睡眠の質というものに思い当たり、前述した「しないほうが良い」と言われていることを、きちんと守ってみることにしたのです。

 

すなわち、就寝時間前の1時間は、仕事を、つまりパソコンやスマートフォンの使用を、一切やめるようにしてみたのです。

 

加えて、その1時間は、癒しの効果があると言われているモーツァルトの曲を聴いたり、ビジネスとは関係のない本をゆっくり読んだりするなど、出来るだけリラックスして過ごすことを心掛けました。

 

睡眠時間,睡眠,起業,起業家,成功

明確な効果を実感

さて、その結果、どうなったか。

 

明らかに、日中の調子が良いのです。

 

眠気やだるさが、目に見えて減少したのです。

 

以前より思考も冴え、頭がスッキリしている感覚が分かります。

 

さらには、夕方や夜になっても、以前より疲れを感じる度合いが少なくなったのです。

 

それ故、仕事の生産性も、大幅にアップしたのです。

 

実は、正確に言うと、就寝時間の1時間前に仕事をやめるようにしたというよりは、仕事を終えてから1時間後に就寝するようにしたのです。

 

つまり、寝床に入る時間が1時間ほど遅くなったのです。

 

その状態で、起きる時間はあまり変えたくなかったので、8時間確保していた睡眠時間は概ね7時間程度に減っていました。

 

要するに、睡眠時間は減ってしまったにも拘わらず、明らかに状況は改善したということなのです。

強くオススメします

という訳で、ちょっとした心掛けの違いに過ぎないのですが、それによる睡眠の質の変化と、その影響力を、まざまざと思い知らされた経験となりました。

 

起業家たるもの、決して睡眠をあなどることなかれ。

 

就寝前のパソコンやスマートフォンは、極力控えましょう。

 

他にも、睡眠の質を悪くする行為に思い当たる節があれば、可能な限りやめてみることを強くオススメいたします。

 

逆に、ゆっくりと落ち着いて癒しの音楽を聴いてみたり、アロマ(芳香浴)を楽しんでみたりするのは、とてもいいかもしれません。

 

たとえ、私のように仕事をする時間が多少削られても、それによって睡眠の質が向上し、日中の生産性や効率がアップすれば、却って仕事量も増えるはずなのです。

 

 

 

「起業で成功したい方へ」のトップへ

 

これが最強商材


≫ トップ ≫ オリジナル特典のご案内 ≫ 起業関連商材のご紹介 ≫ 事業計画書かんたん作成 人気ブログランキング